特集

「敬老の日」特集 とっておきのギフトを揃えました

「敬老の日」特集 とっておきのギフトを揃えました

日本人なら誰もが知っている「敬老の日。これは世界広しといえども日本だけの祝日で、先人を敬う心を表したもの。超高齢社会を迎え、高齢者の人口は増えている一方で、核家族化が進み、先人の知恵や助言を受ける機会は、人口構成と比例しているとは言い難い。こうした状況から改めて、敬老の日を契機に先人たちに感謝の気持ちをカタチに込めてプレゼントすれば、きっとコミュニケーションはこれまで以上に深まるはず。

今月の眼鏡旬人

持久系スポーツを続け 生涯現役を(2016年 9月号 竹谷賢二さん)

持久系スポーツを続け 生涯現役を(2016年 9月号 竹谷賢二さん)

日本代表選手のメダルラッシュでリオ五輪は幕を閉じた。その興奮がまだ冷めやらぬように、現役を退いた選手のセカンドキャリアも輝き続けている。そんな1人が、元MTBクロスカントリー代表(アテネ五輪)の竹谷賢二さんだ。フルタイムワーカーからプロに転向、そして日本代表という異色の経歴を持つが、今もアイアンマンレースに参戦するなど、その姿は動きを止めぬ回遊魚のよう。セカンドステージもまた、陽の光を受けた銀鱗のように輝く。

眼鏡旅情

大府市(愛知県)

大府市(愛知県)

ポケモンが登場した頃はすでにゲーム熱も冷めていたが、旅人を熱くしたのは、世代的にドラクエだった。多くの人たちはポケモンをゲットするために、スマホと睨めっこしている中で、旅人もゲームの旅に出ることにしよう。もちろんドラクエをテーマにすれば、自ずと目的地は絞れてくる、オーブ…、大府市だ。

最新号のご案内


  目次を見る  
購読・購入申し込み